専修カリキュラム

カリキュラムの概要 (芸術学美術史専修『学びの扉』パンフレットより)

【学びの扉】(入門講義)・【知へのパスポート】(入門演習)
〈知へのパスポート〉では、東西の芸術を扱いながら古代から近世・現代にいたる西洋の絵画や彫刻作品を学びます。また、日本・アジア・ヨーロッパの建築・彫刻・絵画を学び、江戸時代の三都(江戸・京都・大阪)の絵画や建築、日本とフランスの関係や、アメリカの現代美術をとり上げ、それらの特質を明らかにします。

【芸術学美術史専修ゼミⅠ・Ⅱ】
美術史を学ぶためのスキルを磨くために、文献を読み、まとめ、その内容を活かして発表する訓練を行います。特定の作家を取り上げて、作家と作品の関係、作家と社会と作品の関係など、その生涯から芸術作品や社会を見る眼を養います。

【芸術学美術史専修ゼミIII・IVおよび概論や各論】
〈美学・芸術学概論a.b〉では古代ギリシアから18世紀の「美学」の成立に至る流れを追い、さらに現象学・解釈学の台頭を経由しながら、芸術作品の解釈モデルの変遷を講義します。〈芸術学美術史専修ゼミIII〉や〈日本及東洋美術史ab〉では、仏教彫刻や大坂画壇の作品について授業を行うほか、美術館や社寺の見学を通じて、実際の作品に接する機会を設けます。〈芸術学美術史専修ゼミIV〉や〈西洋美術史ab〉では西洋美術を論じ、具体的な作品や文献を用いた演習や見学会を実施します。その他、いくつかの授業において、戯画・マンガ・アニメーションなど近世から現代に至るサブカルチャー、また、現代社会に対応する芸術ジャンルにも目配りをしています。

【芸術学美術史専修ゼミV・VI】
論文作成方法の指導から始まり、各人の問題提起に基づいたテーマ設定の討議を経て、卒業論文の完成をめざします。

早い機会に芸術学や美術に親しむために、共通教養科目「芸術学を学ぶ」「美術からみる表現と理解」「西洋美術を味わう」「日本・東洋美術を味わう」などを履修することが望ましい。
また西洋美術史研究に進みたい人は「芸術とキリスト教美術」を履修することが望ましい。