大学院

学院(文学研究科)には、博士課程前期課程と博士課程後期課程とがあり、博士課程前期課程では芸術学美術史専修に、博士課程後期課程では哲学専攻となります。
学内進学試験は、7月、10月、2月に行われます。大学院への進学を希望する学生が、大学院の授業を知るため、4年次に博士課程前期課程の科目を履修できる制度もあります。
現在、約40名の大学院出身者が、全国の美術館、博物館、美術関連施設、文化行政機関、大学等で活躍しています。詳しくは「就職状況」をご覧ください。

2021年度 非常勤講師の先生方は以下の通りです。(敬称略)

博士課程前期課程
東洋美術史研究A 講義     福井 麻純(細見美術館主任学芸員)
東洋美術史研究B 講義     福井 麻純
西洋美術史研究A 講義     小松原 郁(同志社大学嘱託講師)
西洋美術史研究B 講義     大久保 恭子(京都橘大学教授)
美学・芸術学研究A 講義    上村 博(京都芸術大学教授)
美学・芸術学研究B 講義    飯尾 由貴子(兵庫県立美術館館長補佐)
日本美術史研究A 講義     岡 泰正(神戸ゆかりの美術館・神戸市立小磯記念美術館館長)
日本美術史研究B 講義     福井 麻純
芸術学美術史実践研究A 講義  樋上 将之(オランダ在住修復家)
芸術学美術史実践研究B 講義  伊藤 尚子(前近畿大学教授)
芸術表現論A 講義       岡田 温司(京都精華大学教授・京都大学名誉教授)

博士課程後期課程
美学・美術史研究AB 講義    上村 博
美学・美術史研究B 講義    上村 博
美学・美術史特殊研究A 講義  岡田 温司